FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終節直前プレビュー≪ディビジョン3編≫

2011年07月18日 08:02

最終節直前プレビュー≪ディビジョン3編≫
big ear2
                                                        presented by JFL Magazine


[最終節注目の対戦カード]
シャルケ04(4位)Vバーミンガム・シティFC(1位)
シュッツトガルト(2位)Vサントス(6位)
ACミラン(5位)V1FCケルン(3位)


 優勝争いやプレーオフ出場権争いのクラブ同士の直接対決はなく、3カードとも「優勝争いグループ」対「プレーオフ出場権争いグループ」の戦いとなっている。よって、他会場の結果を気にしながらの戦いとなることが予想される。どのクラブも優勝またはプレーオフに出場するために負けられない戦いであるため、引き分けが多くなる可能性も高いため、意外にも現在の順位のままフィニッシュするということも。1勝の重みが大きくのしかかる最終節となるだろう。





≪優勝争い≫

優勝争いは、バーミンガム・シティFCとシュッツトガルトの2クラブの争いとなっている。
各クラブの優勝ラインをみていくことにしよう。

[バーミンガム・シティFC]
2位シュッツトガルトとの勝ち点差は2。
2連勝すれば、2位シュッツトガルトの結果に関係なく優勝が決まる。
バーミンガムの「最低ライン」は1勝すること。
シュッツトガルトは2勝する以外に優勝はないため、1勝すればバーミンガムはシュッツトガルトに相当なプレッシャーをかけることができる。

[シュッツトガルト]
首位バーミンガムとの勝ち点差は2。
2勝すれば、バーミンガムは最低でも1勝1分けで、最終節を終えなければならなくなり、首位バーミンガムにプレッシャーをかけることができるはず。
無敗のバーミンガムが1敗を喫することは考えにくいので、シュッツトガルトの「最低ライン」は1勝1分けだろう。



≪自動昇格争い≫
まだまだチャンスがないわけではない。ケルンの健闘に期待。

[1FCケルン]
シュッツトガルトとの勝ち点差は5。
最終節を2勝してフィニッシュするしかない。それでもシュッツトガルトは2分で自動昇格が決まるため、非常に難しい。



≪プレーオフ出場権争い≫
2つの切符のうち、1つの切符はケルンが内定済み。残る1枚の切符にシャルケ04、ACミラン、サントスの3クラブがひしめく激戦区。相手の勝敗に大きく順位が入れ替わることが予想される。

[シャルケ04]
プレーオフ出場権を確実に得るには、2勝が必要。
ACミランの牙城をケルンが崩しきれず、2引き分けもあり得る。シャルケ04の「最低ライン」は2引き分け。

[ACミラン]
4位シャルケは首位バーミンガムとの対戦のため、苦戦が予想される。そのため順位の入れ替えはそう難しくないはず。
2勝すれば、相手も2勝しなければ順位が入れ替わるので、かなりのプレッシャーとなる。
シャルケの対戦相手が首位のバーミンガムであることを考えれば、ACミランの「最低ライン」は1勝1分けか。

[サントス]
得失点差でもシャルケとは大きな差があるので、1勝1分けでは足らず、2勝することが必須条件。



スポンサーサイト


コメント

  1. しぇば@7 | URL | -

    モチベーション上がりました!!

    ありがとうございます^^

  2. big777-D | URL | -

    ありがとうございます!

    確かにモチベーション上がりますw

  3. なぽりたん | URL | -

    お世話になっています。このような記事まで作ってくださって・・・
    自分も気持ちが昂ぶります。ありがとうございます ^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tobira14.blog120.fc2.com/tb.php/115-d66830fb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。